MLBはメッツとロイヤルズが王手!

メジャーリーグの優勝決定シリーズは
ア・リーグではロイヤルズが、
ナ・リーグではメッツが、優勝に王手をかけました。
大島は、昨日は「ロイヤルズ×ブルージェイズ」を
今日は「メッツ×カブス」を解説させて頂きました。
昨日の放送では青木宣親選手とご一緒しました。




画像


















青木選手との久し振りの再会。
嬉しかったです。





ブログ用に写真撮影をお願いすると、
青木は大島のガラケーを見て
「うわっ、大島さん。今時まだガラケーなんですか?
もういい加減スマホにすればいいのに(笑)。」
と言われてしまいました。

一応、「やかましい。ガラケーで何が悪い。
俺はガラケーで十分なの。困ってないの。」
と、返しておきました。

(あっ、誤解のないように。青木選手とは仲良しですよ。)

でもホント。
こうなったら意地でも、一生ガラケーで行ってやる!
と思う、今日この頃であります。

と冗談はさておき、

来年も青木選手の活躍を祈り応援しています。

「頑張れよ!」と握手を交わし、別れました。








さて、MLB優勝決定シリーズですが…

王手をかけたロイヤルズとメッツ
このまますんなりと優勝を決めそうだなと
そんな気がしています。


昨日の「ロイヤルズ×ブルージェイズ」では、
ブルージェイズの強みである打線が爆発しての勝利で
ブルージェイの1勝2敗としましたが、
今日の試合では大敗しています。

やはりいいピッチャーがくると、なかなか打てず
自慢の打線が機能しなくなってしまいます。
先制されてしまうと厳しいです。

対するロイヤルズは足を絡めてみたり
緻密な野球をするチーム。
やはり強いな、と感じます。



今日の「メッツ×カブス」は
カブスが負けて、メッツが負けなしの3勝目を挙げました。

う~ん、カブスはあれだけミスが出てしまったら
そりゃ勝てません。
若さで勝ってきたチームですが、
若さのもろさが出てしまったシリーズ
となってしまいました。

メッツは強い!
先発ピッチャーの3本柱が安定しているし、隙がない。
チームとして‘安定の強さ’を感じます。



この流れからすると、ア・リーグもナ・リーグも
このまま一気に決まるような気がします。









日本プロ野球では、明日ドラフト会議が行われます。

大島の注目選手は、野手であげますと
オコエ選手もそうですが、一番気になるのは
仙台育英の平沢選手です。
いい選手だと思います。
楽天が1位指名するようですね。





日本シリーズ開幕も近づいております。

勿論ブログでも展望についてアップする予定ですが…

開幕前夜の23日、NHKテレビ「スポーツ+」に出演し
展望や見どころについてお話しする予定です。
よろしかったらご覧下さい。






















追伸: 前回のブログで、和田選手のお名前を勉と
     書いてしまいました。一浩さんの間違いです。
     訂正させて頂きました。大変失礼致しました。
     
     敗戦処理さん、ご指摘ありがとうございました。
     全く気付きませんでした。
     和田勉って…この目で確認し、ぞっとして、
     汗が噴出してきました。
     思い込みって恐ろしいですね。
     
     敗戦処理さん、本当にありがとうございました。
     (あの…ひょっとして虎魂亭優勝さんですか?)