日本シリーズを振り返って

皆さん、こんばんは。
日本シリーズが終わり
少しばかり気が抜けてしまい…
ブログの更新遅れてしまいました。
すみません。

奥さんの体調も戻ってきたしなので
温泉などにも出かけてみたりして
ちょっとゆっくりさせて頂いておりました。


リフレッシュもできたので
さぁ!「日本シリーズを振り返って」ブログ
まいります。




戦前は、正直に言って
阪神が断然有利と見ていました。
いや、正確に言うと
初戦をとったところまでは
そう思っていました。

ところが、ところが…です。

2戦目以降
阪神には記録に残らないミスが多く見られる
ようになりました。

大和のファインプレーがチームを救う場面もありましたが
それ以上にバント、走塁、送球ミスなどの積み重ねが
チームにとっては非常に痛いものとなってしまいました。

選手一人一人に、プレーに対する甘さや緩慢さが
あったように見えました。

それは、CS負け知らずで上がってきて
日本シリーズ初戦もとり、勢い衰えずで、
「これはいけるぞ!」という、どこか心にスキが
生じてしまったのかもしれません。

それに加えて
ゴメス、マートンが封じ込められ
打線が全く機能しなくなってしまいました。
「打って勝つ!」チームが打てなくなってしまい
最後まで打開できずに終わってしまいました。

細川のリードにやられましたね。




ソフトバンクは
レギュラーシーズンの不調
CSの苦しみを乗り越え
日本シリーズに進んだチームです。

さすが!の踏ん張り、粘り強さでした。

選手個人々が、戦いに向かう姿勢であったり
やるべきことを確実に行う、ということが
徹底されていました。

打線にはやや強振し過ぎのきらいはありましたが
「狙った球は逃さない!」したたかさを感じました。

投手陣も継投にブレなし。
先発、中継ぎ、7・8・9回のつなぎ
お見事でありました。

光ったのは細川のリードであり
その期待に応えたソフトバンク投手陣です。

苦しみながらも、苦悩しながらも
自分達の勝ちパターンを
投手陣も野手陣も
チーム全員がやりきって
勝ち取った勝利でしょう。

底力をしかと見せてもらいました。

やっぱり、ソフトバンクは強かった!

日本一、本当におめでとうございました。







終わり方が何ともスッキリしない形となって
しまい、
それは両チームにとって残念でしたが…


ツヨシのことはちょっとかばってあげたい
それが大島の気持ちです。

あのプレーは
「守備妨害か?」と聞かれたら
「はい、そうです。」と答えます。
ただ、グレーゾーンを走っていますので、
セーフなのかアウトなのかは
審判のジャッジの裁量の範囲内のもの
であります。
「守備妨害でアウト」
その事実だけを告げれば良かったのでは
ないでしょうか?
「故意に」とか「悪意を持って」という表現は
必要なかったものと、大島は思います。
それは、ちょっとツヨシが可哀相です。

選手はあの場面で
「ゲッツーになりたくない!何とか阻止したい!」
と思いながら走るのは当然でありますし。

あそこを走ったツヨシも
あそこに送球した細川も
プロだった、という事でいいのではないでしょうか。












先日、野球教室で行った壱岐空港の写真です。




画像



















純粋でキラキラした目をしていた
壱岐の子供たち、本当に可愛かったです。











それから、少し前の写真ですが…
せっかく撮ってきたのにアップするのを忘れていました。




画像

















NHKラジオ「CS前夜…」のスタジオにて。

すっごく楽しい放送でした。
また来年、よろしくお願いします。





















追伸: 虎軍奮闘さん、想像通りですよ。
    にわか‘虎ファン’になってしまった奥さんは
    初戦の勝利に歓喜し「阪神が日本一だぁー!」
    と盛り上がっていましたが、3戦目あたりから
    意気消沈し始めて、その後は「もう、勝てる気がしない」
    と、試合を見ることを放棄しつつ…チラ見しては…
    激しく落ち込む、の毎日でした。

    でも、奥さん言ってましたよ。
    「何となく、阪神ファンの皆さんの気持ちが分かったような
    気がする。」
    「なんか…沼にはまったように抜けられなくなりそう。」と。

    正解ですか?