CSを振り返り、日本シリーズをうらないます

さぁ、いよいよ日本シリーズ開幕が
近づいてきました。
今日はプロ野球を大いに語ります。



まず、CSを振り返ってみましょう。

大島の予想は…
大はずれでありました!

ファーストステージは
両リーグとも似たようなチーム同士の対戦で
どっちが勝つかは全く読めませんでした。
「勘で阪神と日本ハム」と言ったのは当たり
だったのですが…本当に勘だけでしたから。

ただ、ファイナルステージでは
どちらのチームが勝ち上がったとしても
巨人とソフトバンクが勝つ!
と思っていましたから、ほぼ間違いなく勝つと。

ところが、ところが…です。

巨人は4連敗してしまうし
ソフトバンクも危ないところでした。

本来なら巨人もソフトバンクも圧勝できる、
それだけの戦力のあるチームです。
それなのに、こんなことがあるんですね…

でも、それが野球!なんですけどね。

だからこそ、野球は面白い!でもあります。




振り返ってみれば、各チーム
シーズン通りのCSだったのではないでしょうか。

広島は何度も首位に立てるチャンスを逃し
2位争いでも抜きつ抜かれつしながらも
3位で終わってしまった。
やはり、ここぞ!の勝負を勝ちきれない
その形が最後まで出てしまいました。
大島も期待していただけに、非常に残念でした。

巨人は不調が続き苦しみましたが
最後には投手陣も安定し、打線にも元気が戻り
上り調子のままシーズンを終えました。
菅野の故障というのは誤算であったでしょうが、
チーム状態はいいので、アドバンテージ1にも救われ
そう苦しむことなく戦える、きっと大丈夫
という若干の気の緩みというか、スキがあったのでは
ないかと感じました。
ただ、大島は戦前から
内海と沢村では落とすとは思っていたので、
やはり、菅野がいなかったのが痛かったかもしれません。

オリックスは、戦力は整ったのに…
戦い方がもったいない。
勝ち方を知らないというか、
突き詰めていないんですね。
来季はそこを極めてもらいたいと思います。

日本ハムは、やはり最後まで
勝率5割で終わりましたね。
今年を象徴していたCSだったと思います。
やはり、しぶとさは健在でしたね。
投手は大谷投手というをスターはいるし
投手陣全体に、なかなかの安定感があります。
守備は非常に素晴らしいものがありますし、
打者も、ここぞ!で決めきれる中田選手を筆頭に
勝負強い選手がいます。
いいチームだと思います。
ただ、5割以上に行こうとすると
投打共に、もう1枚2枚あったらなぁ…
という部分が出てきてしまいます。
来期そこが上手く補強できたらいいんですけどね。
とても魅力的なチームだと思います。
CSを大いに盛り上げてくれました。
日本ハムに拍手であります。

ソフトバンクもシーズン同様
最後の最後まで苦しみながら
それでも、最終的には底力を出し切っての
CS優勝でありました。
ただ…投手陣を中心にずいぶんと弱点も見えてしまった
だけに、日本シリーズはちょっと心配です。

そして、1チームだけ違ったのが阪神!
巨人に4連勝はお見事でありました。
オリックスに求めたもの、
ゲームメークをして、勝ちを奪いにいく
それを体現してくれたのが
CSでの阪神の戦いっぷりであったと思います。
投手陣は安定していましたし、自信もついたことでしょう。
打線も見事な線になっています。
投打共に、いいバランスにあります。
チームを引っ張るリーダー的な選手もいます。
いいんじゃないですか!阪神。
「胴上げは日本一までおあずけ」
にしたのも、かっこよかったですね。




というわけで…
もう分かっちゃいましたね、大島の予想。

そうです!
阪神有利と予想します。

でも、今シーズンのソフトバンクは
ずーっと最後までもつれるので、
日本シリーズも第7戦まで行くと思いますよ。

うん? そうすると…
最後の最後にソフトバンクが決める!
というのも有りですね…。


しかし!
今のチーム状態、勢いからすると、やはり
日本一は阪神!
と、予想させて頂きます。








明日は、NHKテレビ「スポーツ+」に出演し
日本シリーズについて語らせて頂きます。
是非ご覧下さい。























追伸: 今日はプロ野球ドラフト会議がありましたね。
     有原投手は日本ハムが
     安楽投手は楽天が交渉権を獲得しました。
     両チーム共、くじ運強いなぁ~!