「日本シリーズ」と「クライマックスシリーズ」

今日は注目のドラフト会議の日でした。

斎藤投手は日本ハム
大石投手は西武
沢村投手は巨人が
交渉権を獲得しました。

それぞれが、それぞれらしく
輝いてくれることを期待します。
プロ野球界を牽引すべくスターと
なって下さい。


さてさて、日本シリーズですが
やはり地上波放送が無いというのは
どう考えても寂しいものです。

確かに「試合開始から終了までノーカットで」
となると、地上波ではむずかしい問題も
あるでしょう。
だからCSやBSで、となるのでしょうか…
コアな野球ファンは最初からこちらに
チャンネルを合わせているとも思いますが…

「今は時代が違う!」と言われてしまえば
それまでですが、野球というスポーツは
日本で最も大衆的なスポーツの一つなのでは
ないでしょうか。
相撲と野球、昔から日本にしっかりと根付いて
きたスポーツ文化だと思うのです。

有料のテレビ契約をしなければ見られない
そんな状況になってしまうのは寂しいことです。

大島はいつも考えます。
「やめるのは簡単、変えるのも簡単。
でも、一度無くしてしまった物を
元に戻そうとすることは、とても難しい」と。

「変えたほうがいいもの」と
「変えてはいけないもの」
それがいいバランスで進むことを望みます。

ベイスターズの問題しかり
プロ野球界がおかれている環境は
だんだん厳しいものとなってきています。
球界全体で知恵を出し合い、協力し合う
そんな時期に来ているのではないでしょうか。


クライマックスシリーズについては
賛否両論、色々とあることでしょう。
当然だと思います。

「日本シリーズ」はリーグ優勝チーム同士が
日本一をかけて戦うもの!
それは当然だと思います。

しかしながら
「クライマックスシリーズ」が徐々に定着して
きたというのもまた事実であります。

「クライマックスシリーズ」進出をかけて
最後までリーグ戦が盛り上がるのも事実
ですし、シリーズ自体を楽しんでいるファンが
大勢いらっしゃることも事実でしょう。

3位のチームが日本一になってしまったら…
またも「おかしい!」という意見は噴出する
でしょうが…

でもですよ!
3位のチームにも優勝のチャンスがあるのが
「クライマックスシリーズ」の醍醐味なのですよ。
そう考えれば楽しめるではないでしょうか。


リーグ優勝チームは、中日とソフトバンク。

クライマックスシリーズ優勝は、中日かロッテ。

それでいいと思います。

あっ!…日本一のチームは?…
そこが問題なんですよね。

まぁ、あんまりむずかしいことを考えずに
もうすぐ始まる「日本シリーズ」楽しみましょう!


前回のブログで触れたショックなお話ですが
実はウチの次男がですね、先日こんな写メを
突然送ってきたのですよ。


画像

















コーンロウってやつですねぇ…
以前ツヨシがやっていたやつですねぇ…

まぁ~!もぉ~!
ショックで倒れそうになりましたよ。

聞けば、ダンスをやっている息子
大学生活最後になるであろう学祭のライブ
の為にバッチリ決めたかったとのこと。
これを区切りに就活に集中する為の
‘けじめ’&‘決意’のコーンロウらしいです。

女房は聞いて知っていましたが
大島は何も知らなかったので
ぶっとびましたよ。

今、次男は学祭を終え
短髪・黒髪になっています。

そんな次男を見るにつけ
ほっとしたような…
なんとなく寂しいような…
不思議な気持ちです。
なんなんすかねぇ?これって。


次回ブログでは「日本シリーズ」を占います。