大島康徳公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 巨人の‘魔の6回’ 広島の‘執念’

<<   作成日時 : 2016/08/26 01:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 9

昨日は東京中日スポーツの評論で
「巨人×カープ」戦を見ました。
いい試合を見せてもらいました。
いいものを見せてもらいました。
広島は6回に一挙4得点を上げ逆転。
8回にもダメ押しの2得点で勝利をもぎとり、
マジック20が点灯。
広島、すごい。
広島、強い。
マジック20の数字以上に、実感として、
広島の優勝を確信した試合でありました。




直接対決のこの3連戦。
巨人にとっては3連勝して逆転優勝に望みを繋げた
かったであろうし、
広島にとっては3連敗だけは避けたい、という
重要な3連戦でありました。





初戦を落としている広島は
なんとしてもこの2戦目を取りたかった。
広島のその執念を感じたのは
5回裏の巨人の攻撃の時でした。

広島先発の福井投手の右ひざに菅野の打球が直撃。
普通なら交代(巨人とのゲーム差も考慮し大事をとる)
が考えられる場面でありましたが、続投。

もしかしたら広島は
7、8、9回につなぐ6回、この1イニングに不安が
あったのかもしれません。
それ故の福井続投だったのかもしれませんが、
「絶対に落としたくない!」という執念を感じました。

そして6回表、その福井が先頭バッターで登場し
(代打を使わずに、福井続投をベンチが意思表示)
ツーベースヒットを放つ。
それを口火に一挙4得点のビッグイニングに。


これには‘執念’だけでは片付けられない
何かもっと大きなものを感じました。

‘勝ちたい’気持ちが一つになった時の
とてつもないパワー
を実感した瞬間でありました。

広島、すごかったです。





対する巨人は、
3連勝をする為に絶対に勝たなければいけないこの試合を
頼みのエース菅野で落としたのが本当に痛かった。

菅野は5回まで抜群だったんですよ。
6回…どうしてあんなに崩れるかなぁ…?


勝負は下駄を履くまで分からないし、
実際にそういうシーンはたくさん見ています。
(オリンピックの試合でもいくつも見せてもらいました)

ただこの時ばかりは、正直
(巨人ファンの皆さんごめんなさい)
巨人、引導を渡されちゃったかな…
そう感じた試合でありました。




そして、今日の直接対決3戦目。
テレビで見ておりましたが…
またもや逆転負けです。

今の巨人は、勝つ自信が無いのかなぁ?
そんな風に見えてしまいます。

それは絶対によろしくない!

広島を追いかける立場にある巨人に
プレッシャーを感じてしまう。
(普通は追いかけられる側にかかるもの)
それでは勝てない。

投手陣は確かに不安。
特にうしろのピッチャー。
先発だって頼りになるのは菅野だけ
という状況だから、不安になるのは分かる。

しかし、
僅差で逃げ切るのはむずかしい現状なのだから、
小さく小さく守りに入ってしまうよりも、
攻撃面で積極的に行こう!とか
もっとガンガン打って得点を増やして逃げ切ろう!とか
そういう考え方もありなのでは?
そのほうが前向きになれるのでは?

今の巨人を見ていて、そう思う大島であります。





リオオリンピックが閉幕しました。

こんなに見たことはないんじゃないか?
というくらいオリンピックを堪能しました。

水泳、体操、テニス、柔道、卓球、バドミントン、レスリング、
リレーなどなど…「これ」と特別に取り上げるのは無理。

一つだけ、うちの奥さんのエピソードをからめてお話させて
もらうならば、女子バドミントンダブルスです。
生中継で見ていたのですが…皆さんご存知の通り
大逆転の金メダル。

その瞬間、食卓のイスに座ってみていた奥さん
歓喜のあまり「ヤッターっ!」と大絶叫してジャンプ。

息子達としばし興奮しまくっていましたが…

しばらくすると、
「…尾てい骨が痛い。
ジャンプした瞬間、尾てい骨が割れた…」
と、奥さん。

2〜3日痛がっていましたが、すっかり回復。

しかし、ジャンプして尾てい骨痛くなりますかね?

よう分からん人です。 






















追伸: お返事です。

エリーさん…由伸監督は紳士ですね。
「巨人軍は紳士たれ」のチームスローガンに
ぴったりな方だと思います。
でもね…勿論暴力はよろしくないですが、
勝負の世界ですから時にはエキサイトする場面も
あり、これが全て悪ではないと思うのです。
もう一度言いますが、暴力はだめですよ。
今は時代が違うのかもしれないけれど、少し前までは
‘監督が怒っている’という体のパフォーマンス
それを意識して演じていた方もいらっしゃるはずです。
メジャーリーグでも日本のプロ野球でも。
誰とは申しませんが。

だんでぃごしおさん…いつも熱い思いをありがとうございます。
大島は情報に疎いもので、内情がどうなっているのかは
本当によく知りません。ただあまりよろしくない状況に
あるのかな?ということだけは東京にいても分かります。
う〜ん…広島が最高の形を示してくれていますよね。
チームに関わる全ての人が、ファンの方たちも含め
同じ方向を見て一つになっている。
そしてとてつもないパワーを生み出している。
チームはそうあれればベストだと思いますし、
わが愛するチームにもそうあって欲しいと願っています。

奥さんは、自分の体調と上手く付き合うことを学び
コントロールできるようになっています。大丈夫です。
ご心配頂きありがとうございます。
彼女の一番の幸せは多分、旦那が生き生きと仕事をし、
自分はそれを陰ながらサポート出来ている、と実感できる
ことなのではないか?と思います。
根本は、昔ながらのプロ野球選手の妻、なのだと思います。

はにわっちさん…お久し振りです。
本当に今年はおかしな年です。
大島の大切な古巣ドラゴンズ、家族皆が大好きなSMAP。
なんだかなぁ…。

スマ友の皆さん…色々な情報が錯綜してるみたいだけれど、
ウチの奥さんは「とりあえずもう少し踏ん張る。中居君が
踏ん張るって言ってたから、私も落ち着いて踏ん張ってみる。
今、何が真実かなんて分からないし。」と言ってます。
大島は何が何だか分からないけれど、SMAPが好きな気持ち
だけは変わらないです。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
かわいい

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
スマップのことで凹んでる間に、ファイターズは
なんと首位に。
すごすぎます。
少し元気出ました。
ファイターズの記事もお願いします。
cheezu
2016/08/26 17:30
TVみていたら特に楽天の本拠地の球場は鳴り物のない応援。そばに観覧車つきと世界でひとつだけの球場って感じました。日本中新幹線だらけだから遠くからでも今の時代は観戦へ行けますね。

夜中に駅やコンビニでタムロして人に迷惑かけるより野球みて過ごすことがよっぽど楽しい生き方なのに.....
エリー
2016/08/27 21:08
この前、YouTubeで懐かしい映像を見ました。

2001年の東京ドームの日本ハム×ロッテの試合で、初芝選手がデッドボールを受け、山本監督が怪我を心配して打席に行ったところを日本ハムベンチから野次が飛び、山本監督が応戦して「誰だ!出て来い」! のように言い返したところをみのもんたさんのナレーションで大島監督が「俺だよ」。と言い返し、嶋田コーチに大島監督が、眼鏡を預け、ベンチから出て行ったシーンです。

結局、乱闘等には発展しませんでしたが、普段は、温厚な大島さんも、監督時代は、ダイエー戦での審判の判定や同じくダイエー戦でのミッチェル選手の乱闘シーンでは、エキサイトされてましたね。
東京六大学野球と中日
2016/08/28 16:51
前述のロッテ戦で大島監督がベンチを出て行った時、止めに入ったのが、現中日監督代行の森繁和さんでしたね。

そう言えば、森さん、大島監督のもとでピッチングコーチされてましたね。思い出しました。

東京六大学野球と中日
2016/08/28 23:06
 大島さん、こんばんは。
 今年の広島は本当に凄いですね。先週の巨人戦を見て、負ける気がしませんでした。4点ビハイン
ドでも、あれよあれよという間に逆転してしまいました。大島さんには、釈迦に説法になってしまいますが、優勝するチームの条件とは、先取点を取られてもキッチリ逆転することだと思います。チームも、負ける気がしないと思っているのではないでしょうか?大丈夫!逆転出来るって信じていると思います。
 広島の好調が思わぬ影響を及ぼしいます。阿佐ヶ谷の広島贔屓の居酒屋さんが、カープが勝った日の生ビール割引をいつの間にか止めてしまいました。赤ヘルだけに赤字になってしまったのでしょう(笑)。
 今日、高円寺の阿波踊りに行ってきました。もう、夏も終わりですね。
テツロー
2016/08/28 23:18
大島さん、おはようございます!

広島の試合は、連日凄まじいものがありますね!
各選手が力を遺憾無く発揮しているのはもちろんですが

個人的には鈴木誠也選手

彼が居なかったらこの快進撃はあったのだろうか?
と思ってしまいます。

調子を上げて来たラミちゃんも目が離せませんね!
キングジョー
2016/08/29 07:50
今年は、広島で決まりですね。
巨人は、賭博問題があって 補強もうまくできなかったので、しょうがないと思います。 中日は、落合GMの手腕には、疑問です。ベテランの和田さんあたり残しといても良かったんではないでしょうか?
今井投手 優勝しましたね。自分で言うのも変ですが、僕の見る目も たいしたもんだと思いませんか?
のりお
2016/08/29 20:48
我がヒーロー 大島康徳 様
こんばんは。ご返信有り難うございます。
そうです。今年の広島は選手・フロント・
ファンが同じベクトルを向いており、その
相乗効果がMAXに!今年の粘りには、
凄いものがあります。広島が優勝したら
MVPはどなたになるのか?新井?野村?
ジョンソン?個人的には断然菊池!!
攻走守でチームを牽引!中日戦でよく
打たれました。ドラゴンズも是非
そうあってほしいと願うばかりです。
だんでぃごしお
2016/08/30 21:56
大島さん、おはようございます。

昨日はサンドラに出演されていて、とても興味深い、いいお話をされていて、うなづきながら聞いておりました。

ドラゴンズがここにきて6連勝でビックリです。
そして昨日は小笠原投手が初勝利。
先取点は取られたけど、投げる度に内容が良くなってると思いました。
先輩達が頑張って逆転して、ずっと立ってベンチで応援してた小笠原の姿と、勝って皆が祝福してる姿に感動でした。

ヒーローインタビューも落ち着いて、しっかりした言葉で話して、とても初めてとは思えなかったです。

圧巻は、坂本・阿部・村田を連続見逃し三振にした場面ですね。
鈴木孝政さんが優勝した1974年に、王・長島を連続三振にした場面を思い出しました。

広島の勢いは凄いし、巨人はチグハグした内容で、対照的です。

明日からマツダでドラゴンズ戦なのです。
目の前で胴上げを見せられそうですが、ドラには意地を見せてほしいですね。
やす子
2016/09/05 07:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
巨人の‘魔の6回’ 広島の‘執念’ 大島康徳公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる