大島康徳公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ダルビッシュと田中、両投手の素晴らしさ

<<   作成日時 : 2014/05/08 01:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

負けない田中は連勝記録を更新中
ダルビッシュも待望の1勝目を挙げ
日本人メジャーリーガーの2トップピッチャー
として、輝いています。
実に誇らしく喜ばしいことであります。



何を今更…と言われるかもしれませんが

改めて、この二人の素晴らしさについて

タイプの全く違う二人ですので
単純に比較はできるものではありませんが
それぞれの特徴をクローズアップする形で

お話したいと思います。



コントロールで勝負の田中投手

球の質で勝負のダルビッシュ投手


大島は、そう例えさせて頂きます。




田中のコントロールの良さは群を抜いています。
緻密で巧みなあのコントロールは
ただものではありません。

勿論失投すれば打たれてしまうでしょうが
きっちり立て直すことが出来ます。
今のところ大崩れする心配はないでしょう。

ただし!これからが注意。

田中の凄さは
もうメジャーリーガーに十分認識されたので
これからは色々と研究されてくるでしょう。

それでも、野村監督が言った通り
「マー君、神の子不思議な子」って本当だなぁ…
と思いますが、そういう運も見方につけながら、
やはり緻密に巧みに球をあやつりながら
きっと乗り越えて行ってくれるだろうと思います。




ダルビッシュの球の質は天下一品です。
はまった時に、どうしようもない程のパワーを
見せつけます。

おそらくバッターは
「うわ〜お、ちょっと手が出ないなぁ…」
という球が来ているはずです。

(大島も実際に体感してみたかったなぁ)

この‘球の質’というのは
言葉では上手く説明できないのですが…

プロのバッターが打席に立った時に
プロのバッターだから感じることができる
球のパワーであり球筋であります。

ダルビッシュはコントロールに難があります。
メジャーリーグでは球数制限が厳しいので、
どこかで省エネを考えなければいけないでしょう。

しかし!コントロールに神経を使いすぎること
それは、今はやってはいけません。
それではダルビッシュではなくなってしまいます。

あの‘うなりをあげるような強烈な球’
それがダルビッシュの最大の魅力だと思います。





それにしても、この二人は本当にすごい。

今後の彼らの活躍が益々楽しみであります。

サイヤング賞の候補として二人が争う
そんな時が訪れることを大いに期待しましょう。



岩隈投手もいいですよ。
彼もサイヤング賞狙える位置にいると思います。


今心配なのが黒田投手です。

田中投手同様コントロールのピッチャーなのですが
今年はここまでいい結果が出ていません。
思った通りにコントロールが出来ていないのか?
ちょっと探っているような感じであったり
球をおきに行っているようなピッチングが目立ちます。
となると当然球威も落ちてしまうので
つかまってしまうのです。

う〜ん、ちょっと心配です。







心配といえば、巨人。

巨人のスキは阿部捕手と
以前ブログに書きましたが
本当にそうなってしまっていますね。

巨人は選手層が厚いので
そう心配はないかとも思うのですが…

やはり
巨人にとって阿部捕手というのは
それだけ大きな存在ということなのでしょう。

でも、そんなに心配は要りません。
巨人はすぐに上がってくるでしょう。




広島、強い!
この強さは本物ですね。




広島、阪神の強さが
セ・リーグを大いに盛り上げてくれています。
面白いです。







明日はナゴヤドームの「中日×阪神」戦の解説です。

生で感じた両チームの空気やにおいを
しっかり感じ取ってきたいと思います。



















そして、今日はお二人の方にお返事です。


アネキさん…そうなんです、広島の大瀬良投手いいんです。
阪神も頑張っていますね。ゴメスの活躍が大きいです。

オガチャンさん…田園調布の鳥瑛さんですよね?
懐かしいなぁ。以前大島、田園調布に住んでいた事があり
よく行きましたし、長嶋さんと同席させて頂いたこともあります。
煮込み…本当に美味しかったなぁ。
よく家から鍋を持って行って、持ち帰りもしていましたよ。
先代の親方には大変お世話になりました。おかみさんにも。
巨人の大ファンだった親方ですが、
どういうわけか大島を可愛がって下さいましてね。
練習中の多摩川の日本ハムのグラウンドまで
煮込みの大きな鍋を届けて下さって、選手皆でいただきました。
温かくて、美味しくて、有難くて…
本当によくして頂きました。




 






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
本文の内容に関連して(?)質問があります。
大島さんが現役時代に「コイツはスゴかった!」と思われる投手は誰ですか?
また何かの折りにでも教えてください。

2014/05/08 08:38
毎度さんです!
ダルビッシュも田中マー君も、ストレートが素晴らしい“変化球投手”だと思うんですが・・・(笑)。
虎軍奮闘
2014/05/08 19:15
大島さんこんばんは。

私はメジャーは見ませんが(日本で精いっぱい(^_^;))大島さんの分析、面白いです。

カープの強さは本物だって信じていいんですね♪
首位続きに幸せ絶頂ながらも、あの巨人の上にいるのはハラハラ冷や冷やで、落ち着かない毎日です(笑)
このハラハラの首位がこの先も続いたら、大島さんの思う、カープの強さの理由を教えてくださいね♪

あとは大谷選手が投手・打者の才能がありすぎてどうなるのか気になりますが、しばらく動きはなさそうですね。
カープ&日ハムファン
2014/05/09 23:22
いつも温かいお言葉を頂戴して大変嬉しい限りです。
野球が大好きなのでついついそういうお店に行ってしまいます。先代は屋台の頃からやっていましたよね。今は駅前の一等地。場所柄著名人も多いですよね。四谷の「あぶさん」とか石井店長は本当に良い人です。たけし軍団の芦川誠さんも気遣いが良くて夏は良くアイスコーヒーを差し入れさせて頂きました。

ところで田中、ダルビッシュ両投手は凄いですね。
ただ敢えて田中投手。まだ5月です。インターリーグに夏の連戦、移動ポストシーズン迄ローテを守ったら凄いですね。NYYは黒田投手も良くはないですが彼の時は打線の援護が少ないのと2回迄に失点する癖があるようです。
ダルビッシュ投手の球は「糸を引く」感じは一級品ですがメジャーはチェンジアップとスライダーを巧みに使わないとダメな気がします。バーリー、マダックス、ハラデイ、ホフマン、グラビン・・・と球速よりコントロールが投手の生命線ですよね。

巨人は打線をいじり過ぎますね。やはり菅野投手だけと言っても良い程の先発陣がクオリティスタートが出来ず昨年の後ろの3人がピリッとしません。長嶋さん、王さん、柴田さんと出逢った知人の「入船寿司」でミーティングですね(笑)
広島は堂林選手の骨折が気になります。古場監督時代に勝った頃が懐かしいですね。
いずれにしても3強で行きそうですが下位チームが盛り返さないと日本のプロ野球が盛り上がらない事は確かですね。
オガチャン
2014/05/10 01:23
BS1のMLB中継観てます!大島さんの解説大好きです^o^
これからも放送楽しみにしています
青猫
2014/05/10 17:16
毎度さんです!
ダルビッシュ、惜しかったですねぇ〜〜〜(笑)!ただ正直、BSの中継がヤンキース戦から切り替わった時に「あぁ、こういう事したら・・・。」と思ったのは否定出来ません(笑)!よく放送中にアナウンサーや解説者が触れた途端に記録って途切れるじゃないですか・・・(笑)?アレです・・・(笑)。
大島さんはそんな経験ありませんか(笑)?
虎軍奮闘
2014/05/11 14:43
大島さん!!お元気ですか?今日はアメリカ母の日なのにMLB中継がなく残念です。

ところで野球とはあまり関係のない質問をさせて下さい。
教えて頂けたら嬉しいです。

1.解説中に急にトイレに行きたくなったらどうするのですか?長丁場ですよね。健康にも関係ありますし・・・
ニュースの時間に行くのですか?

2.滅多にないですがMLBの場合、雨でも試合開始を待っている時は何をしているのですか?急に始まるわけではありませんが。コーヒーブレイクですか?

3.アナウンサーとの簡単な打合せはしていますか?
急に昔のデータとか言われても困ってしまいますよね?

こういうが分かると野球がもっと楽しいかな?と思ってしまいます。
それと今度は「Take me at the ball game」を唄って下さいwww

昔、山下大輔さんは唄っていましたね。
明日予定ではサブウェイシリーズの解説、大島さんですよね?竹林アナとの名コンビに今から楽しみにしています!!
オガチャン
2014/05/12 09:46
もうすぐ交流戦が近いですね
エリー
2014/05/12 21:13
納得がいかないジラルディ采配。


今日はサブウェイシリーズ初戦。しかも大好きな大島さんが解説なら見ないわけにはいきません!!
しかし、ジラルディ監督は何故イチロー選手を先発として起用しないのでしょうか?
ピッチャーは何度も対戦しているバートロコロン。「歩が有る」はずです。
ソリアーノの偉大な記録には拍手ですが守備は不安定でベルトランやタシュアラが故障して安定した起用が出来ないなら思い切ってソリアーノを一塁にすべきでは?
ガードーナーのグランドスラムは見事でしたがパワーバッターではありません。ただガッツは頷けます。
しかし、器用さ、走塁、バットコントロール、守備はイチロー選手の方が断然上で有り、今日は大島さんの解説通りDHの打順にことごとく代打の意味が分かりません。守備に付かせないのがDHなのですから回が変わっても守備に付けなければ意味がありません。
今日のようにシーソーゲームだからこそイチロー選手は必要で、「イチローのところへは打ちたくないな」「塁に出たらうるさいな」とメジャーの監督、選手なら皆、分かっています。
それが何故、監督が理解出来ないのか?特にエンジェルスのマイクソーシア監督であれば99.9%イチロー選手を起用しヤンキースベンチを見て先日は苦笑いをしていました。
それはイチロー選手のことではないでしょうが、私は含みがあると思いました。
代走と守備要員でイチロー選手をヤンキースは獲得したなら大きな誤算でしょう。

勝つためにやっている勝負の世界。ヤンキースでリングゲットして欲しいのですが采配にはどうも納得がいきません。左対左なんてもう10年以上前の古い考えですよね。却って身体を開かないで打つイチロー選手にはフル出場させて欲しいですね。
最後になんでチャレンジしなかったのですかね?
疑問だらけのサブウェイシリーズ1戦目でした。
オガチャン
2014/05/13 15:42
大島さんのおっしゃる通り!!

6/19 NYYvsTORとの試合。7回にイチロー選手の四球から1点追加しマッキャンの走者一掃の3点タイムリーでケームはほぼ決まりました。

ただヤンキースの投手の台所事情は相当厳しく、経験値の少ない2番手、3番手ピッチャーはブルペンに居るのですから昨日投げた、一昨日投げたなんて言うのは理由になりません。
彼らも不動のセットアッパーになりたければアピールすべきでしょう。
田澤投手、上原投手を見習ってほしいものです。

セットアッパーは日の目を浴びないと思われますが私の考えは違います。
投手分業制、スターター100球目安の時代。
スターターの勝ち星を消さず、クローザーに繋げる大事なポジションと認識しています。

以前、長谷川滋利さんがセットアッパーとしてオールスターに選出されたことがありました。

ヤンキースは今、田中、黒田両投手以外ロングリリーフが出来る投手が必要不可欠です。

福澤アナ、豊原アナ、竹林アナが私の好きなアナ3本柱なのですが今日は分かっていませんでしたね。

でもこれからも素晴らしい解説にいつも期待しております。
オガチャン
2014/06/19 11:04
ダルビッシュと田中、両投手の素晴らしさ 大島康徳公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる