大島康徳公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ここまでのオープン戦を見て

<<   作成日時 : 2014/03/16 01:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6

あっという間に3月も半ばとなりました。
今年はいつまでも寒さが厳しくて
春らしい気分になかなかなれずにいましたが
明日あたりからぐ〜んと暖かくなるようです。

プロ野球の開幕も近づいたぞ!の実感も
暖かさと共に高まることでしょう。



さてさて、ここまでオープン戦を見て感じたこと
今年の活躍が期待できそうだと感じた選手
などについてお話したいと思います。





まず、メジャーリーグから行きましょう。

今年のメジャーリーグへの関心度は
田中投手の加入もあり
言うまでもなく、間違いなく
非常に高いものとなるでしょう。
そして、間違いなく面白いでしょう。
大島自身とても楽しみであります。

日本人メジャーリーガーの仕上がり具合は
(今年の注目は、どうしてもバッターではなく
ピッチャーとなります)
ダルビッシュ、田中、上原、黒田を筆頭に
順調に来ているようです。 いい感じです。
松坂もとりあえず順調と言っていいでしょう。

ここで敢えて取り上げるならば、松坂です。
今年は正念場。
ピッチングフォームをテレビで見た限り
上体に頼り過ぎているのが気になりました。
というよりも…大島としては、気に入りません。

気に入りませんが、それは置いておくとして…

松坂はイメージチェンジの時だと思います。

全盛期に比べ、ストレートの球威は落ちています。
だから、当時のようなイメージのまま勝負に行くと
危険です。

「どう勝負するのか」を自身がイメージできているか?
そのイメージ通りに投げられているか?
そして、イメージチェンジする覚悟ができているか?

それが、松坂の課題だと思います。
それをクリアできれば、まだまだ松坂はやりますよ。

ニュー松坂が見られるか!?

大島は大いに期待しています。







では! 日本プロ野球に行きましょう。


大島の注目選手は、こちらもピッチャー中心となりました。


大注目は、楽天の松井投手と阪神の藤浪投手です。

松井投手は先発ローテ入りが濃厚です。
現状の力で即戦力になるであろうと思います。
フォーム云々の問題を指摘されているようですが
今はあまり、そこをいじったり気にしたり
すべきではない、と大島は思います。

日本球界を代表するピッチャーが
続々とメジャーリーグへの流出が続く中
これからの日本球界を背負ってたつピッチャー。
その存在になるべき、なれるだけの資質
があるピッチャー、それが藤浪投手であると
大島は思います。


そして、そこに続いてきてくれると嬉しいな
と思うのが、日本ハムの大谷投手です。
(敢えて‘投手’と呼ばせて頂きます)

しかしながら、彼は今年も二刀流で行くことを
表明しています。
確かにバッター大谷選手にも非凡なるセンスを
感じますので、そこの判断はむずかしいとは
思うのですが…

今年1年間はピッチャーに専念してもらいたい!
先発ピッチャーとして結果を残して欲しい!

これは、大島の願望です。


そうなると
セ・リーグは藤浪
パ・リーグは大谷
の、二大スターが日本球界を大いに盛り上げる
こととなると思うのですが。



その他の球団にも、今年は
1年目から大いに活躍しそうなルーキーピッチャーが
何人もいるのです。

たとえば
広島の大瀬良投手、ロッテの石川投手
オリックスの吉田投手などなど。

こんな年も珍しい!
本当に楽しみであります。





バッターに関しては
特別に取り上げるべき新戦力は
あまりピンときませんでした。

日本人選手の大きな移籍は
主に巨人へのものですから…
ここに関しては解説は要らないでしょう。

各チームで鍵を握るのは外国人選手です。
打線に関しては、彼らの活躍次第の部分が大きく
なると思われますので、今後のオープン戦に
注目していきたいと思います。





今日は、チームの戦力分析というよりも
選手個人にスポットをあててみました。

次回はチームについて分析してみたいと
思います。










ここのところ、更新が遅れておりました。

風邪はもうすっかり善くなりました。
ご心配をおかけしました。

最近起きている色々なニュース
(野球界以外にも、社会で起きている様々な出来事)
に触れるにつけ、驚いたりショックを受けたり、
それをきっかけに大島自身考え込んでしまったり、
ちょっとそんな精神状態で過ごしておりまして…
野球に集中することが出来ずにおりました。

これが更新が遅れた本当の理由です。
すみませんでした。



あぁーっ! 早くプロ野球の現場に行きたい!

大島が心も体も健康でいられるのは
やっぱり野球にどっぷり浸かっていられる時なのだと
改めて、実感。


開幕が待ち遠しい!!













今日の祭





画像
























トリミングに行ってきました。



可愛くなったでしょ!?




怪我をして以来
甘えん坊ぶりやわがままが強くなってきた祭。

奥さんが美容院を離れると
祭は珍しく後追いをして鳴き出して
「く〜ん」が「きゃん!」に変わって
しまいには「わぉ〜ん!!」の遠吠えになって
しまったそうです。

「こんなことは初めて」とトリマーさんも言って
いましたが、その後はすぐにいつもの祭に戻って
トリミングしてもらいながら眠っていたそうです。

トリマーさん曰く
犬は、7歳頃から色々なことが分かってきて
予想したり想像したりの感性も高まって
その分自己主張も強くなったり、我が強くなったり
そんな年齢にあたるそうです。

人間で言う‘反抗期’なんですかね?

でも…なんで、7歳?

けっこう‘おっさん’ですよね。

不思議です。






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今日テレビでマリーンズの石川投手を見ました。テンポのいい投手だと思いました。コントロールも悪くはなさそう。
マリーンズはこの石川投手といい、吉原投手、井上選手など楽しみなルーキーが多いですね。

2014/03/16 16:25
楽天・松井君、広島・大瀬良君。調子良さそうですね。ちょっぴり羨ましいです。でも、日ハムだって頑張ってますよね。春の珍事!?
昨年のシーズンの成績、ドラフトの結果、キャンプ中の仕上がり具合いの評価。どれをとっても、まさかオープン戦、12球団中1位だなんて、誰が予想出来たでしょうか?と思いきや、連敗してるし・・・。ま、めげずに気長に応援頑張ります!
ひめさく
2014/03/16 21:09
毎度さんです!オープン戦は“結果は二の次”というのは分かりますが・・・ヒド過ぎです・・・。しかも、去年と同じ事をしてるような気がします。まぁ〜〜〜打てない!ランナーが出ても何の工夫も無いのか出来ないのか・・・。今年も、言われるほど良いとは思えない投手陣に“おんぶに抱っこ”なんでしょうか・・・?
虎軍奮闘
2014/03/17 21:31
大島さん、更新お待ちしてましたよ!

各チーム仕上げ段階に入ってきたせいか、メンバーも絞られてきましたね〜

開幕が楽しみです!


しかし、大島さんのブログ、野球ネタの他、社会のいろんな事についての大島さんの思う事を聞きたいのも俺のホンネなんですよ。
キングジョー
2014/03/18 18:32
同じ大島でAKBの大島優子がMステを昨日で卒業でした。
エリー
2014/03/22 19:41
大島康徳様

おはようございます。(^-^)
塩成金太郎と申します。
宜しくお願い致します。

春、真っ盛りリーグ戦も開幕し
熱戦を展開しているようですね。

私事なんですが、テレビでの野球
観戦をしなくなりました。

その訳は、選手のユニフォーム
(ズボン姿)が、だらしなく
見え格好悪いからです。

時代の流れ(流行)か、
ベースボールを目指しているのか、
わかりませんが?
選手がいいプレーをしても
締らない。

いつのWBCか忘れましたが、
王監督が、日本の野球がベースボールに
勝ちました。
と言った言葉が、今でも
忘れられません。

野球も知らない私が、言うのも
なんですが、
この言葉に、日本人(野球人)
として誇りと
感動をもってほしいものです。

大島様の現役時代のモノクロ画像
の様なユニフォームになって
ほしいものです。

好き勝手なコメントをしまして
申し訳ございません。
大島様のこれからの御活躍を
期待しております。

では、失礼致します。
塩成金太郎
2014/04/13 06:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここまでのオープン戦を見て 大島康徳公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる