大島康徳公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2000本安打

<<   作成日時 : 2013/05/02 21:39   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 3

中村ノリ選手が
日米通算2000本安打達成
おめでとうございます。
次は谷繁選手ですね。



先日その2000本安打の話題を中心に
NHK「スポーツ+」に出演させて頂きました。

その時、大島の2000本安打達成時のVTRを
流して下さったのですが…
我ながら
「へぇ〜っ!あの時俺こんな事を言っていたのかぁ」
「なんだよ大島、なかなかカッコイイじゃないか」
と、少しだけ自分に惚れながら見ていました。




達成しての気持ちや実感について問われて

「自分が野球をやめた時に
初めて分かるんじゃないですかね」

「まだ私には先があります」

と応えているんですね。



自分は長嶋さんや王さんのような
輝かしいスターではない。
天才でもない。普通の選手である。
普通の選手なのだから
泥だらけになって
石にかじりついてでもの思いで
必死にやり続けるしかない。

そんな思いで生きてきた野球選手で
ありました。



高校生になってから始めた野球
甲子園に出たことも無い無名の選手
「プロ野球選手になりたい」とか
「プロ野球界に入れる」とか
そんなおこがましいことを言ったり
考えたりできるような選手ではない
と自分自身思っていましたから
中日ドラゴンズさんにお話を頂いた時は
本当に驚きました。

そんな大島少年は
プロ野球という仕事に就こう!
と決断したのです。




仕事なのだから!

苦しくとも頑張り抜くのは当たり前



仕事なのだから!

社会の皆さんが定年まで頑張って
働くのと同じように
自分からは絶対に「やめる」とは言わない。
年を取っても体にガタが来ても
会社に「クビ!」と言われるまで頑張る
のは当たり前

そういう思いでやってきました。





だから
「まだ私には先があります」
という言葉は
スター選手が語るような
「その先の3000本を目指して」
というような壮大なものではありませんし
「通過点ですから」というようなスマートで
カッコイイ意味ではないのです。



一日でも長くユニフォームを着ていたい!

いや、永遠に着ていたい!



という、非常に泥臭いものなのでありました。



本当に「杖をついてでも打席に立ちたい」と
思っていましたから。





自分の話を長々とすみませんでした。




でも…2000本安打の達成感って
よく聞かれる質問なのですが
人それぞれ感じ方は違うものだと思います。






あっ! やめた時に初めて分かるはずの実感ですが

分かりましたよ。


「達成しておいて良かった!!」


です。




よく使われる言葉に
「記録に残る選手になりたい」とか
「記憶に残る選手になりたい」とか
ありますが…
なんでしょう、その全てをひっくるめたというのか
それを超越したものというのか



自分が野球界に生きた証     



なのだと
今、思います。






と、今日はちょっぴりカッコよく決めてみました。









画像

















美容院に行ってきて
ふっかふっかになった祭ちゃん



ゴールデンウィークで帰ってきていた次男が
「おいなりさん」と祭のことをよんでいました。
「後姿がいなりずしに似ているから」だそうです。

失礼な!  なぁ、祭。










追伸: 今日から大島は仙台です。
     今日とあさって放送です。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
本文が日米通産200本になっとるよ。ノリがみたらがっかりだ。
なんか・・・
2013/05/03 01:20
大島さん、本文が全て200本・300本になってますよ。
ミスは誰でもありますから。

シゲさんもあと3本になりました。
楽しみです。
やす子
2013/05/03 20:08
久しぶりにコメントします。「泥臭く頑張る」この言葉、今の自分の心に響く言葉です。僕も今年で看護師2年目になりました。世間から見ればまだまだ新人の部類に入りますが、仕事が慣れてきたことにより自分自身やや天狗になってきていることを先輩から忠告を受けました。その先輩からの言葉が「お前のいいところは不器用でも一生懸命にがむしゃらに頑張るところが一番の才能だと思ってる」と言われました。今振り返ると、1年目の頃の必死さが失いつつあることに気づかされました。先輩と大島さんのブログの言葉を忘れずに今後も「泥臭く」頑張っていきたいと思います。
それにしても中日の調子が心配です。下手したら最下位もあるのでは?と思ってしまいます・・・
ナースマン
2013/05/06 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
2000本安打 大島康徳公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる