大島康徳公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS あれれ、どうした中日

<<   作成日時 : 2011/07/30 12:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 8

日本中で天気が大荒れで心配です
皆さんくれぐれも気をつけてください。


さて、7月27日「阪神×中日」戦を
解説してきましたが
中日ファンにとっては非常につらい試合
となってしまいました。
正直な感想を述べてもいいですか?

う〜ん…
どうした?中日

守りのチームであるはずの中日が
守りでミスを連発し
鉄壁の投手リレーで逃げ切るはずの
中日が、逃げ切れない。
ここ!というう場面ででしっかり得点してくる
はずの打線も結果が出せない。

さすがに心配になりました

なんというか…
チームに元気とか活気とか
‘したたかに強いぞ’オーラとか
そういったものが伝わってきませんでした

中日の課題について
「元々打線はこんなものなので
投手陣が守りきればいい」という意見もあり
その考え方を否定はしませんが
今の状況を見るに
それにしたって打線が打てなさ過ぎ
大島はそう思います。
投手陣だけに踏ん張りを期待するのは
少し酷なように感じます。

出て来い!打線の救世主


反対に阪神にはパワーを感じました。
新井選手を筆頭に選手もベンチも
活気にあふれイキイキしています。
阪神はいいチーム状態にあることを
感じました。本当に元気がいい。

大きいのがマートンの復調。
開幕当初は何か自分で考えるところが
あって打法を微妙に変えていたようですが
結果上手くいかず元に戻したようです。
それですぐに結果を出してくるのだから
やっぱりマートンはすごい。
大島は以前から思っていました。
「カギになるのはマートン
マートンが昨年同様の活躍をすれば
阪神は強い」と。
やっぱりでしたね。

今後の阪神からは目が離せませんよ


始球式には‘なでしこジャパン’から
海堀選手と川澄選手が登場で
甲子園は盛り上がりました。

余計なことは語らずいつもひょうひょう
としていて、やる時はばっちりやる
そんな感じの海堀選手はカッコイイ。
思ったよりも小柄でいつもニコニコ
していて、それでいながら控えめな
川澄選手は可愛らしいですね。


そうそう!なでしこ世界一のシーン
大島は見届けたか?
実は…見ようと思ってテレビをつけたまま
ベッドに入ってしまったのがまずかった。
気がついたら、喜びに沸く朝のニュース
が流れておりました…やってしもうた…。

で、うちの家族はどうだったかというと
これまたマヌケなヤツのオンパレードで。

長男は試合があること自体を忘れていた。

次男は寝ずに試合を見ていながら
後半35分過ぎ「もうこれは負けだ」と思い
テレビを消して寝てしまったとのこと。
つまりはあの感動的な同点ゴールも知らず
昼ごろ起きてきて
「えっ!?うそ…勝ったの…!?」
と呆然としていたそうです。

そして奥さんは
朝4時半に目覚ましセットで起床して
「おいしいところをしっかり見たもんね!
感動で泣いちゃったもんね!」
といばっていたけれど、実は
PK戦に突入となった時怖くて見ていられず
祭の散歩に出てしまったんですよ。
すると、皆さん試合を見ていたのでしょう
早朝から‘犬の散歩’ラッシュだったそうです。
散歩後半になると、ほんわか幸せなムードを
かもし出している飼い主さんが増え始め
「もしや…これは…優勝した…!?」
と急いで家に帰ってテレビを見ると
あの、金の紙ふぶきの中ワールドカップの
トロフィーを誇らしく高々とかかげる
あの!ワールドカップの優勝シーンが!
なでしこたちが!
それを見て、またまた感動で泣いたそうです。

でもさ、いばってるけどさ…
PK戦見てないし実際優勝決めたその瞬間は
見てないじゃない。

どうも、残念な大島家の面々であります。



さてさて、大島今から新潟に向かいます。
大雨の様子、心配です。
行ってまいります。





追伸: 伊良部選手死去のニュース
     残念でなりません。
     ロッテ時代の伊良部選手と対戦
     しましたが、本当に速かった。
     すごいピッチャーでした。
     悲しいです…悲しいです
     

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
解説者の方はいまだにドラゴンズの守備力を称賛することが多くありますが、ファンの目には、すでに守備力は大きく落ちているように感じています。守備力が突出して高かったのは2004〜2006年ごろまででしょうか。以降は、記録にあらわれないエラーを含めると、相当数のエラーが出ています。逆に解説者の方々も過去の印象に縛られずに現状を見る目を持ってほしいなと感じます。
yoshi
2011/07/30 13:49
愛しい中日。
おとなしい野球になったのは
いつから?
ナゴヤドームが満席にならない
理由はなぜだろう?
考える時期がきてますね。
野球全体が
Aクラス確保すればいいとか
冷めた目が多くなった事実は否めない。
それが選手に浸透していたら怖い。
嘗てイチロー選手は熱い野球が
したいと言ったね。その通りです。
中日選手達よ、淡白すぎる。
一球に拘り一球一球粘れ。
凡退したら、その場で悔しがれ。

昨日からベンチも漸く動きだしました。
やれやれ。

なでしこジャパン。
人を感動させるカギを
監督、選手、スタッフが
提供してくださいましたね。

大島OB、2006年WBCで、御自身の
手腕的活躍を思い出したでしょうね。
新潟、お気をつけください。
背番号5
2011/07/30 14:32
中日は投手力、守備力中心で打てないのは仕方ない
と言われて久しい中日ですが
大島さんたちの時代を見てきただけにやっぱり寂しいですよねえ。
もう少し打てるようになって欲しいなあ
ネルソン・ロイヤル
2011/07/30 17:43
僕も今のドラゴンズの不調は心配です。8月過ぎれば調子出ることを信じてますが。統一球にそろそろ慣れてくると思いますので。
伊良部投手訃報のニュースは衝撃的でした。
キング?カズ
2011/07/30 20:39
大島さんこんばんは!
ドラゴンズは今日も負けました。
みなさま後指摘の通り、鉄壁のディフェンスでは無くなってます。
投手王国も今や幻、打線も相変わらず打てずです。
昨シーズンの優勝何だったのでしょうか?
トム
2011/07/31 22:22
昨日も今日も負けてしまいました。

大島さんの言う通り、打線の救世主が現れてくれるといいのですが。
昨年は堂上兄弟がそうでしたね。

大島さんも救世主でしたよ。
水原監督の時の衝撃的な大活躍、忘れられません。
その後も素晴らしい活躍でしたね。

なでしこは後半から見てました。
最後まであきらめない姿勢に感動でした。
やす子
2011/07/31 22:47
愛しい中日U
ネルソン登板情報でドームに駆けつけた。
球場でドラキチ夫と待ち合わせして。
今季、
主催試合観客動員数が100万突破したとか。
昨季より2試合早いデータが出された。
今季、ドームに数回しか行かないけど
内野外野は空席だらけ。
昨年がよっぽど入らなかったのか。

結果1対0・・・好投ネルッチが気の毒だ。
後部席でつぶやいた男性。
「優勝戦線にいれば大鉈は振るわないよ」
粘りない打線
石川投手を揺るがす作戦はどこに?
器用な選手はファールで
投手を疲れさすのだが、。、
何度もチャンスはあったが、。、
見逃し。三振。溜息がもれる。
食らいついてでも繋いでくれ!

苦手意識を払拭するには
どうすればいいものか
統一球は各球団統一だから
選手達の言い訳にはできないですね。
早く慣れた選手が勝ちですか?
本塁打数が減ってしまい
統一球の目的は何ですか?
詳しい方、教えてください。





背番号5
2011/08/03 09:42
平田を筆頭に、堂上タケ、小池、岩崎達、小山…普段スタメンじゃない選手達がずっと頑張ってきて、彼らが落ちて来る頃に主力が上がってくる…ハズだったのに!
言ってみれば、彼らが救世主だった訳で…そうそう救世主は現れ続けないから、やっぱりレギュラー陣が、これまでの借りを返してくれなきゃ!!。
森野とベンちゃんはマシにはなったが、まだまだで。
アライバは上がるどころか、落ちてってるし。グスマンはずっと変わらないし、ブランコはお休み中だし。

やっぱり、ドラは連覇出来ないのかなぁ…(泣)。
一球竜魂
2011/08/03 15:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
あれれ、どうした中日 大島康徳公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる