大島康徳公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 与那嶺要氏が亡くなられました

<<   作成日時 : 2011/03/03 21:44   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 8

1972年からの6年間
ドラゴンズの監督をつとめられた
与那嶺要氏が亡くなられました。

与那嶺監督
いつもそう呼ばせて頂いた通り
‘ウォーリー’と呼ばせて下さい。

入団4年目、レギュラー入りしてまだ歴史の
浅かった大島にとって、影響力が大きかった
ことは言うまでもありませんが…
日本球界全体に強い影響を与えた
日本球界全体のレベルアップに貢献された
大変偉大な方であったと思います。

元プロのアメフト選手だったウォーリー
走塁の技術や強烈なタックルなど
当時の日本球界にはまだ浸透していなかった
技をたくさん教わりました。

‘強い当たり’や‘上手い走塁’の指導だけ
ではなく、ケガをしない方法も。

今では当たり前のように行われている
「帰塁の時は後頭部から首筋にかかる部分を
両手で覆いなさい」
それを初めて教えてくれたのがウォーリー。

際どいタイミングでの本塁へのスライディングは
「‘滑る’のではなく‘蹴りなさい’」
それを初めて教えてくれたのもウォーリー。

当時としては画期的なことでありました。

画期的と言えば
アメリカへの野球留学の道を切り開いて
くれたのも、ウォーリーだと思います。

大島自身
1972年にサンフランシスコ・ジャイアンツの
マイナーリーグに1ヶ月間
島谷さん・谷沢さんの3人で留学しています。
更に、1975年にはチーム全体で1ヶ月間
ピッツバーグ・パイレーツと合同キャンプを
しています。

すごいですよね。

だから、大島にとってメジャーリーグは
割と身近なものとして、ずーっと興味を
もって見続けてきたところがあります。
野茂がドジャースでデビューした時も
実際にドジャースタジアムで見ていましたが
その時の興奮と感動は忘れられません。


11974年、巨人のV10を阻止して優勝。
新聞によると、その時の先発メンバーは
4 高木守
5 島谷
7 井上
9 マーチン
3 谷沢
8 大島
2 木俣
6 広瀬
1 星野
なんですね

なつかしいなぁ〜


いっぱい叱られもしたけれど
ホームパーティーに呼んでいただいたり
楽しい思い出もいっぱいあります。

大島の野球人生において
ウォーリーに出逢えたことは
本当に大きなことでありました。

プロ野球選手・大島康徳を作り上げるべく
最も重要な時期にウォーリーに出逢えた
からこそ、200本安打を打てる選手になれた
のだろうと思うし、今の大島があるのだと
本当に感謝しています。


とても寂しいけれどお別れです

ウォーリー、さようなら
そして、ありがとうございました

合掌



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
V10を阻止した頃、
ダブルヘッダーに 中学で見つけたラジオに、みんなで、先生の目を盗んで聞いていました。
監督の素敵な笑顔を 忘れません。
今のドラゴンズの基礎を つくられた方の一人でもあると、思います。
ご冥福を、お祈りします。
るーしー
2011/03/03 22:06
私が子供の頃、大人や同級生の男子たちが
中日優勝で大騒ぎしていました。
それが、与那嶺監督が率いていたときでした。
その優勝をきっかけに、私もドラゴンズファンになりました。
子供心に覚えいる、嬉しそうな笑顔の
監督。
天国から、まだまだ日本の野球、ドラゴンズを
見守っていただきたいです。
ご冥福をお祈りします・・・。
はにわっち
2011/03/04 17:38
こんばんは。
与那嶺さんが優勝した時、幼く野球を知らなかった頃ですが、本当に凄い人なんですね。
天国で安らかに…。

大島さんがセンターを守ってたのはビックリしました。全米野球で、よく打ったのは知ってますが…
なおち
2011/03/04 21:46
1974年10月12日、土曜日、私にとって忘れられない日です。

東海地区では午後3時から、ダブルヘッター2試合を、NHKが中継してくれました。
ずっと、テレビを見てました。
優勝が決まった時は大声で叫びました。

その年のファン感謝デーも見に行きましたよ。

与那嶺さんのご冥福をお祈りします。
やす子
2011/03/04 21:59
大島さん、こんにちは。

そうですか。与那嶺監督は偉大な方だったんですね。。アメリカ留学の道を切り開いてくださったのも監督だったのですか。
V10阻止で優勝の時は、私の父はきっと涙して喜び飛び跳ねていたと思います。
そして、もし時を巻き戻すことができたなら、私も野茂英雄投手のメジャーデビュー戦、現地での興奮、感動を味わいたいなぁ。。

やっぱり野球って素晴らしいですよね!

与那嶺監督のご冥福をお祈りします。
どらこ
2011/03/05 16:15
大島さん、こんばんは。与那嶺さん、お亡くなりになってしまったんですね(T_T)
与那嶺さんが中日の監督をしていらっしゃった頃、中学生だった私は、しょっちゅうナゴヤ球場(中日球場でしたね)に足を運んでいました。
試合が終わって選手の出待ちをしていた時、与那嶺監督が出ていらっしゃって思わず「与那嶺さ〜ん」と叫びながら寄って行くとニコッと微笑みながら手を差し出して下さり握手をした事は忘れられない思い出です。
当時は子供でしたのでそうは思いませんでしたが今、思い返すとアメリカナイズされていらしたせいか、ファンに対してもとてもスマートで紳士的な対応をされていらっしゃった方でした。
たくさんの業績を日本の球史に残して下さった与那嶺さんのご冥福を願ってやみません。
ちえ☆
2011/03/06 00:01
与那嶺監督・・・
懐かしいです。
スマートで紳士で子供心に素敵な人だなって思いました。
片言の日本語を最初耳にした時は「ヨナミネ(外国の苗字だと思っていた??)って何処の国の人?」と親に聞いたのを覚えています。
「ハワイから来た人だけど日本人だよ。」と言われてますます混乱したことが懐かしく思い出されます。
心からご冥福をお祈りします。
中日本ハム子
2011/03/07 17:14
v9阻止した 与那嶺監督 燃えよドラゴンズ
代打男の大島君 懐かしいです。代打 ホームラン。与那嶺監督 ご冥福を お祈り申し上げます。
村石太キッド
2011/03/12 17:35
与那嶺要氏が亡くなられました 大島康徳公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる